つがりあんハローキティHP

メインメニュー

ひろさき健やか企業

アクセスカウンタ

今日 : 173173173
昨日 : 1127112711271127
今週 : 2016201620162016
総計 : 1958971195897119589711958971195897119589711958971
会社info


弘果 弘前中央青果(株)
〒036-8601
青森県弘前市末広1-2-1
電話0172-27-5511(代表)

会社詳細はこちら
facebookつがりあん

 
  
投稿者 : hiro3049 投稿日時: 2017-09-12 16:40:42 (108 ヒット)



 当社木造菰槌集荷場と弘果会議室で9月11日、当社オリジナルブランド「つがりあん」シャインマスカット目揃え会が行われました。

 同目揃え会は、「つがりあん」として出荷する際の粒や房の大きさ、糖度、色の目安などの基準を確認する目的で行われ、両会場合わせて生産者約60名が参加しました。

 参加した生産者は「統一された基準で栽培から出荷まで行い、高品質を付加価値としてブランド化することが価格向上に繋がる。意欲的に取り組みたい」と話していました。
 
 今年産は9月中旬からの入荷予定です。


投稿者 : hiro3049 投稿日時: 2017-09-06 14:30:15 (43 ヒット)



 青森オリジナルメロン生産連絡協議会(木村文信会長)では後継者育成事業の一環として、五所川原農林高校生物生産科1年生を対象に、つがりあんメロン「ハニーゴールデン」の栽培実習を実施しており、今年で12年目を迎えました。

 今回の実習では、定植作業が6月13日に行われ、約3ヶ月間の栽培管理を経て、9月5日に収穫、選果、箱詰めが行われ、当社へ出荷されました。

 出荷された41箱のメロンは9月6日、当社第1卸売場に於いて競売が行われ、同校の生徒達は、実習の集大成として、自らが生産したメロンの流通について研修しました。

 同校の境谷知鉱さんは今回の実習を振り返り「実際のメロン農家が行っている栽培から出荷までの作業を自分達が経験してみて、多くのことを学びました。『商品』として責任を持って栽培したメロンが競売され、価格が付いていく時に、達成感を感じ、感動しました」と話していました。


投稿者 : hiro3049 投稿日時: 2017-07-07 08:50:51 (91 ヒット)



 メロンや西瓜の生産者や関係者が、交流や親睦を深める事を目的とした恒例行事「生産者憩いの集い」が7月6日、弘果菰槌集荷所特設会場に於いて開催されました。
 
 当日は約210人が来場し、当社大中忠社長の挨拶、青森オリジナルメロン生産連絡協議会の木村文信会長の挨拶に続き、同協議会工藤良二監事の音頭で乾杯が行われました。
 
 会場では、豚の丸焼きや大鍋で煮込んだモツ鍋などが振る舞われ、来場者はそれらに舌鼓を打ち、余興の「小松えりな」「芦田ゆかり」歌謡ショーを満喫し、豪華賞品が当たる大抽選会で盛り上がりました。


投稿者 : hiro3049 投稿日時: 2017-06-15 08:16:57 (90 ヒット)



 青森オリジナルメロン生産連絡協議会(木村文信会長)と当社では6月13日、五所川原農林高校生物生産科1年生30名を対象に、つがりあんメロン「ハニーゴールデン」の苗195本の定植を行いました。
 
 後継者育成事業の一環として今年で12年目を迎えたメロン栽培は、同校の園地(約5アール)で行われ、生徒は当社農産指導課の指導を受けながら、農業用ビニールで覆った土に穴を開け、苗を一
本ずつ定植しました。

 作業を体験した加藤雄己(ゆうき)さんは「家も農家でメロンを栽培しています。これから実習を通して学んでいく事で、家業への理解を深め、自身の進路の参考としたい」と話し、一戸有楽(ゆら)さんは「農業高校でしか出来ない体験を通して、農業に対してもっと興味・関心が湧いてきました」と話しました。

 生徒達は今後、栽培、収穫、出荷と一連の流れを実習する予定です。


投稿者 : hiro3049 投稿日時: 2017-06-08 09:20:09 (156 ヒット)

 当社オリジナルブランド「つがりあん」メロン「アムさん」の初競りが6月6日、当社第1卸売場に於いて行われ、秀2Lサイズ(8kg5玉入)に過去最高値となる30万円が付き、幸先の良いスタートとなりました。

 同日は五所川原市の阿部祐一さん、中泊町の松橋尚子さんが、つがる市木造地区のハウスで温泉熱を利用して栽培した計38ケース(235kg)が上場されました。阿部さんによると、今年は昨年と比べ、3日遅い定植となり、概ね順調な生育となりましたが、収穫前の低温の影響で、10日遅い出荷となりました。栽培管理を徹底したことで、糖度が高く、食味、品質良く仕上がったとの事でした。

 午前7時から始まった競売では、買参人が次々と競り落とし、1kg当たりの平均単価は、前年を11.3%上回る4953円となりました。
 
 当社果実担当者は今年の初競りについて「栽培技術の向上等、生産者の方々の日々の努力の結果、大玉で高品質なメロンが出荷され、年々引き合いが強く、今日の初競りの価格に反映されたと思います」と話し、2年連続での最高値更新となった阿部さんは「非常に光栄な結果です」と笑顔を覗かせました。
 
 「アムさん」は7月中旬に出荷のピークを迎えます。


(1) 2 3 4 ... 9 »
弘果からのお知らせ
弘果グループ及び生産者団体のHP

弘果グループ


社会的貢献


弘果推奨ブランド


生産者団体


物販・消費者の皆様へ


facebook つがりあん
facebookアップルパイ食べ比べ
2017年開・休業日カレンダー

市況カレンダー
« « 2017 12月 » »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
市況 (部門別)
旬の野菜・果実
携帯用QRコード

サイト内検索

高度な検索
 
CopyRight © 弘果弘前中央青果(株)All rights reserved.