つがりあんハローキティHP

メインメニュー

ひろさき健やか企業

アクセスカウンタ

今日 : 173173173
昨日 : 1127112711271127
今週 : 2016201620162016
総計 : 1958971195897119589711958971195897119589711958971
会社info


弘果 弘前中央青果(株)
〒036-8601
青森県弘前市末広1-2-1
電話0172-27-5511(代表)

会社詳細はこちら
facebookつがりあん

 
  
投稿者 : hiro3049 投稿日時: 2017-11-22 11:54:19 (22 ヒット)



 当社第2卸売場特設会場に於いて11月22日、弘前市下湯口の岩崎智里さんが作製した文字絵りんごの研究発表会が行われ、来年の干支「戌」や縁起物の七福神等の絵柄が入った72種類281点の作品が出展され、会場を彩りました。
   
 競売では、スタークジャンボのケース入り3個セット「松竹梅に龍虎鷹」に最高値となる28万円、七福神や松竹梅などが描かれた陸奥28個入り「宝船」が20万円で取引され、高値が付く度、会場がざわめき、感嘆の声が上がりました。

 会場で競売を見守った岩崎さんは「亡き父親から文字絵りんごを引き継いで今年で20年目。1つの作品が今まで出品した中の過去最高値で取引されうれしい」と話していました

                                          最高値となる28万円で取引された3個ケース入り「松竹梅に龍虎鷹」


投稿者 : hiro3049 投稿日時: 2017-11-09 13:17:17 (28 ヒット)



 弘前市東目屋中学校の生徒達が学校農園で栽培したりんごの競売が11月8日、当社第2卸売場に於いて行われました。
 
 東目屋中学校では1947(昭和22)年から学校でりんごを栽培しており、今年で70年の節目を迎えます。隣接する東目屋小学校の生徒と同校のPTAも協力して、栽培から収穫、出荷までの一連の作業を行っています。

 出荷された「サンふじ」23箱、「王林」23箱は、生徒達が見守る中、次々と威勢良く競り落とされ、「サンふじ」が1箱1万1千円〜4千円、「王林」が1箱7千円〜4千円で取引されました。
 
 競売後、農園委員長の西谷陽太さんは、「手塩に掛けて育てたりんごが他のところへ売られていくのは悲しいが、良い値段で取引され、努力を評価された様でうれしい」と話していました。


投稿者 : hiro3049 投稿日時: 2017-11-04 13:10:04 (20 ヒット)


 
 「微笑みと幸せの国」で知られるブータンからの農業研修者が11月2日、りんご最盛期の当社を視察しました。
 
 研修者一行は、弘前市、弘前大学、JICA(ジャイカ・国際協力機構)の三者による、同国の農業指導者を育成する技術協力事業の一環で来弘しました。
 
 当社では、りんごの上場風景や競売を視察、上場された大量のりんごが次々と競り落とされていく様子に研修者は「自国と比較して、りんごが取引されている現場の規模の大きさにびっくりしている。また、売場に並ぶりんごの品質の高さを実感した。」と話していました。


投稿者 : hiro3049 投稿日時: 2017-10-16 12:00:00 (278 ヒット)

 

 弘果りんご連絡協議会新品種部会(福士幹雄部会長)、葉栄会(成田錬悦会長)共催の「大紅栄」現地検討会及び試食会が10月13日、弘前市石川のヤマセ農園園地に於いて開催されました。

 りんご生産者約60名が参加した検討会では、今年産の生育状況や収穫・出荷のポイントが説明され、試食を行い、今年産の仕上がりを確認しました。

 参加者は今年の状況にについて「台風18号の影響で、落果や樹上被害が多い園地もあると聞いた」と話し、また「自園地の大紅栄は例年に比べ小玉傾向。収穫、出荷に向け、着色管理と選果を徹底したい」と話していました。

 現地検討の結果、弘果と津軽りんご市場では10月19日(木)〜25日(水)の日程でコーナー販売を行いますので、大量の出荷をお願いいたします。


投稿者 : hiro3049 投稿日時: 2017-09-01 15:15:15 (48 ヒット)

 
 
 当社に於いて9月1日、29年産「つがりあん北の桃」の初競りが行われました。当日は112ケース(1ケース5キロ)の川中島白桃が上場され、平均単価は前年並みの2099円となりました。

 当社では27産より、果実内部の品質を光センサーで判別する選果機を使用して、糖度・形状・着色・内部障害を測定し、基準をクリアしたものを当社推奨オリジナルブランド「つがりあん北の桃」として販売しています。

 今年産は、構成品種である川中島白桃、さくら白桃合わせて9月中旬まで約2500ケースの販売予定です。

 当社では「つがりあん北の桃」のブランド化と生産者の労力軽減を目的に、選果機利用者を募集しております。興味をお持ちの方は当社果実部にお問い合わせください。


(1) 2 3 4 ... 28 »
弘果からのお知らせ
弘果グループ及び生産者団体のHP

弘果グループ


社会的貢献


弘果推奨ブランド


生産者団体


物販・消費者の皆様へ


facebook つがりあん
facebookアップルパイ食べ比べ
2017年開・休業日カレンダー

市況カレンダー
« « 2017 12月 » »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
市況 (部門別)
旬の野菜・果実
携帯用QRコード

サイト内検索

高度な検索
 
CopyRight © 弘果弘前中央青果(株)All rights reserved.